FC2ブログ

「告発」ラッシュ!

最近の森友問題に端を発し、その後さまざまな分野で日本国中「告発の嵐」が吹き荒れている。 ((((;゚Д゚)))))))


森友問題のような以前では闇の彼方へ葬られるような事件が、マスコミなどでどんどんとりあげられ、時には国会を紛糾させるような騒動に拡大することもあるということを、国民だれもが体感し始めているからであろう。


数人の勇気ある方々の告発が契機となり、「われもわれも」となってきている様である。自分の置かれている環境で、以前から我慢し続けてきた方々が、情緒的な面で我慢の歯止めが利かなくなり、蟻の穴のような小さな穴から堤防を決壊させてしまった感がある。


又古い話で少し大きくなってしまうが、「アメリカ独立戦争」「フランス革命」が勃発した当時について言及すれば、これも簡単に言ってしまえば「強者」×「弱者」の構図であった。


そして今日本でも、強者である「国」「行政」「一部の特権階級」が弱者である「一般国民」に押され気味の日々が続いている。      


弱者を無視した行いは、どんな国、立場、環境であろうといづれ 終焉 を迎えるのが必然であると、歴史が教えてくれているような気がする。


逆の意味で言えば、今が強者に対して物を言える「グットタイミング」であるような気がしてしょうがない。


しかし、くれぐれも「法制度」を順守した節度ある動きをすべきであるとは思う。



同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ


スポンサーサイト

段々ときびしい世の中に!

今日の朝日新聞1面に、「共謀罪」一般人対象の余地..という見出しが躍っていた。



法務省は16日、「正当に活動する団体が犯罪を行う団体に一変した と認められる場合は、処罰の対象になる」との見解を明らかにしたようだ。



これまで政府は、「一般の市民は対象にならない」としてきたが、捜査当局の解釈や裁量によっては対象になることが明らかになったようだ。



この記事を見てまず感じたことは、衆議院予算委員会でそのようなことが話題に上るということは、、、それほどまでにそのような「集団」が多いのだな、ということだ。



もちろん、後ろ指をさされるようなことをしていない「人」「会社」「集団」「組織」は何も心配することはない。しかし、すれすれのところでお仕事をされている方々は、くれぐれも誤解をうけるようなことはされない方がいいだろう。


当社が被害にあったIT会社も、今頃気が気ではないと思う。単純にいったいこれからどうする気なのかな?(推測はついているが、ここでは言及できません)


内容としては、誰もが納得する「テロ組織」や「暴力団」のみならず、「振り込め詐欺グループ」なども想定しているとのことだ。



先日は、 「通信傍受法、初めての適用で詐欺グループが逮捕」という記事が読売新聞に載っていた。



どうやら、世の中真面目に生きるしかないようにできているようである、、、。


↓ 同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ


プロフィール

houmondai

Author:houmondai
元、某通販サイト出店者。 
おまけとして、こんな不思議なIT会社が付いてくるとは..!?
できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。
コメントお待ちしています(非公開にもできます)。

*こうしたら、という御意見もお待ちしています。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム