FC2ブログ

これが、今問題になっている「Amazon詐欺」!!

 (*`へ´*) 昨日、携帯電話の「Amazonのショートメール」の方に、こんな内容のメールが、、、
    

「有料コンテンツの未納料金が発生しています。本日中にご連絡ない場合は法的手続きに移行します。03-6670-3329  お客様サポートセンター


ネット情報にもあるように、これは詐欺メールです。本当にもううんざり。
こんなメールがくるのがいやで私は、「未納」もないし、「借金」もしていないし、これから将来にわたってする予定もない。詐欺師が私につけ込む要素なんて一つもない。又、「SEO対策詐欺」でたっぷり詐欺業界の構図は学習している。特殊詐欺に対する免疫もいやというくらいあるし、、、



本当に「ばか!!」という言葉しか出てこない....このアマゾン詐欺に関しては、いろいろな方がブログなどにUPされている。詐欺グループは、ネットの最新情報を見ていないのだろうか?やみくもに突き進めばいいというものでもないだろう!


それにショートメールなどこの手の詐欺には、ちょっとしたトリックがあるらしい!


たとえば、●●●ー○○○○ー●●●7、という実際存在する電話番号がわかっている場合、前後何件かの類似の電話番号に連番で送信したりしているらしい。(これは、信頼のおける元IT会社社員の方から聞いた話である。)ゆえに、自分がターゲットになってくやしい、とか思わなくていい、ということだ。


法律上は、「脅迫」などにくらべ「詐欺」に遭う人間にも落ち度はあることになっているが、人を欺き「金銭を奪取」したことが証明されたらかなりの期間の懲役刑が待っている、未遂に終わり金銭を奪取できなくても相当の処罰が待っている。詐欺罪を甘くみてはいけない!


集団で詐欺行為をおこなった場合「組織的犯罪処罰法」などにも触れる場合もある。


「奪取した金額」が多ければ多いほど、何年もの懲役刑が待っている。実際テレビなどでは、毎日のように「●●詐欺の受け子の××」が逮捕されました、などという報道がされている。


つまり何を言いたいかというと、そんなリスクを犯してまで詐欺行為をする人間の気持ちが全く!理解できない、ということだ。


是非、このご時世実入りのいい仕事は少ないかもしれないが、絶対毎日まじめに働く事をお勧めする。


労働者にとって、いつまでもこの不景気な状況が続くとは限らない。そうしたら、「詐欺罪で服役の前科がついた人間」はどうなるのか??


きっと誰にも相手にしてもらえない、、、それでもよいのだろうか!!



同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ

スポンサーサイト

【お金を正しい方法で取り返す!】

ここ数日暖かい日が続いたせいか、気持ちの持ち様も少し前向きになっている私がいます。


テレビでは、相変わらず「不動産詐欺」「投資詐欺」などの特殊詐欺が、テレビや新聞をにぎあわせています。


そのせいもあってか、どこに行っても信用してもらうためのチェックがきびしい。 とほほ、、、。


しょうがないですね。みなさんそうなのですから。


なにせ、超高学歴のテレビに頻繁にでるような (はっきり言って「スーパーコンピューターの助成金詐欺」等なのですが) 人が国をだましていたのですから。


やはり、お金がからむようなことは、「法律に違反しないか?、後々問題になるようなことはないか?」 細心の注意を払う必要があります。



詐欺罪(刑法第246条):人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪~


しかし、「いかにも詐欺師」という人でなく、絶対そんなことをしそうもない人が結果「詐欺行為」を行っているので、世の中甘く見ていたのかな?とも思います。


つまり何を言いたいかというと、いつ何時、どんな人からだまされるかわからないので、だまされたと認識するに至った時は、遠慮せずに、お金を取り戻す手立てをすべし、ということです。


私がだまされたお金は、100万円にも満たないお金です。しかし、当社のような超零細事業者にとっては大切なお金です。


たった1万円でも「ひったくり」の場合は、現行犯だと逮捕されてしまいます。


ゆえに、詐欺で違法に支払われたお金は、遠慮せずに取り返す、ということです。


「どうせ返ってこないよ!」と考える方がほとんどかもしれません。


果たしてそうでしょうか??




同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ

プロフィール

houmondai

Author:houmondai
元、某通販サイト出店者。 
おまけとして、こんな不思議なIT会社が付いてくるとは..!?
できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。
コメントお待ちしています(非公開にもできます)。

*こうしたら、という御意見もお待ちしています。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム