FC2ブログ

【本人確認】

10数年前に成立した「個人情報保護法」、成立した当時私は、なんだかこれから肩くるしい世の中になりそうだな~と「ふぅ」とため息をついたのを覚えています。


しかし、今から思うに「情報通信」に携わる人達にとって法の成立は、必須のものであったのでしょう。


今、私が「SEO対策詐欺」というものに遭いしばらくし、当時の状況を客観視できるようになって、第三者の個人情報は厳密な管理が必要であることはいやというほど理解できるようになりました。しかし、それゆえ「悪」に手をそめる人間の個人情報もなかなか表には出てきません。


むかしよくあった「ここだけの話なんだけど...」なんて情報提供はまずありえない、そんな情報提供の仕方は違法になってしまうことはだれでも理解できるようになりました。


だから個人情報保護法以前の世の中だったら、SEO対策詐欺のIT会社も、何年も会社継続はむずかしかったことでしょう。


ゆえに前回のように、自分達のことは有志でなんとか解決するしかないのかな?と考えてしまうのです。


なりすましの被害をふせぐためにも、本当にSEO対策詐欺に遭ったという「裁判資料」や「保険証」「免許証」などでダブルチェック、トリプルチェックをして「有志」である仲間を増やしていきたいと考えています。(^-^)/


※当社の都合上、今のところSNSでの情報の拡散はむずかしいです。同じ境遇の会社さん、このブログのURL、gメールアドレス拡散していただければありがたいです。当社は真剣にこのIT会社に向き合って行く覚悟です。




同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ


裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ





スポンサーサイト

究極の集合場所

前回からの続きです。


たぶん私ブログ管理主が思うに、私が被害を受けたIT会社の名前を出せば、いつもの何倍もの人が当ブログを閲覧してくださると思います。


しかし、彼らIT会社はオンラインで名前が拡散されるのを非常にいやがり、自分達に不利になる記事をせっせと削除申請しているようです。そして名前を出した私の記事などはすぐに削除されてしまうのでしょう。


しかし、いつまでたっても削除しきれない記事があるのですよ。


最近、「犯罪歴」がオンラインで流れ、グーグルに削除してもらうため裁判で争ったケースがありました。結局、「公共の利益等」のため最高裁でも削除を認められない決定がされました。事件の種類によっては、いつまでたってもオンライン上に犯罪歴が残ってしまうのです。


つまり安易な行動(犯罪)は後々まで記録として残り、その人の人生に深い影を落とすことになります。


このIT会社の「SEO詐欺」というものも全容が解明されたらいつまでも履歴として残ってしまうタイプのものだと思います。


しかし、一人一人が裁判に訴えても集団でない限り非力です。又一社だけでなく類似の会社の被害者がスクラム組んで知恵を出し合った方が時間のロスも少なくなるような気がします。


「結社の自由」「集会の自由」も憲法で認められているので、地裁前に有志が集合し、地裁の喫茶コーナーで打ち合わせをしても何の問題もないのです。  ( ̄^ ̄)ゞ


                        ブログ管理主


同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ


裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ









JR○○駅前に集合!!

いきなり期待させがちなタイトル申し訳ありません。 (´∀`*;)ゞ



上記のタイトルは、今のところブログ管理人の100%ただの願望です。
しかし、今いろいろな被害を受けた人達が、「内部告発」などで声を上げはじめています。



「SEO対策被害」などわかりずらく、被害を受けた事業者以外関心も持ってもらえない分野です。
しかし、被害を受けたかどうかもわからず、いまだに銀行口座から自動引き落としをされている事業者もいます。



世間に関心を持ってもらえない分野だからといって、あきらめてはいけないのではないでしょうか?


私達「SEO対策詐欺」を認識している者どうしでなんとか連絡をつけあえないか?どこかに集合し対策を話しあえないか?そんなことを具体的に考え始めています。


*正々堂々、東京地裁前に集合!でも、国会前に集合!でも、お行儀よく行動すればいいのではないでしょうか?現在進行形で悩んでいる人、ちょっと検討してみてください。

          ブログ管理人
 


同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ


裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ


どうか弁護士会も「自浄努力」をお願いします!

読売新聞によると、いよいよ4月から日弁連の「横領被害者見舞金制度」が始まるようだ。


弁護士による「成年後見」などの横領被害者に、 一人あたり上限500万円を限度に見舞い金を支給するというものである。


どうして、真面目に業務をおこなっている弁護士が非行弁護士の尻拭いをしなければいけないのか?と不満な弁護士さんもいらっしゃるようだが、しょうがないのではなかろうか?


罪もない一般国民が、弁護士に依頼したばかりに大変な目にあっている人が大勢いるのだから。


それがいやならどうか、「日弁連」や「各弁護士会」で非行弁護士が出現しないよう「抜本的な改革」や自助努力をしてもらいたい。不満ばかり述べていてもいつまでたっても何も解決しない。非行弁護士仲間は自分達でなんとかしてもらいたい。



私達一般人は、「懲戒請求」や「審査請求」をしても良好な結果が出ることなどほとんどないからである。


考えてみればおかしな話ではなかろうか?当然、弁護士だから専門職として正しい方向に導いてもらえると思って皆依頼するわけである。ただでさえ裁判は、1年2年と長丁場になることが多い。運よく常識ある品行方正な弁護士に当たった人は幸運で、そうではない非行弁護士に出会ってしまった人は、自分の不運をただひたすら嘆くしかなくなる。そんな不公平があっていいものであろうか?


行動を起こしやすい環境にいる人達が、状況を改善してもらいたい。そんな最低限のこともしてもらえないのなら、巷の詐欺グループと同じような色眼鏡で見られてしまうことになってしまう。


今の状況は、仕事に真面目に取り組んでいる弁護士にはやりきれないものだと思う。

↓ 同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ





プロフィール

houmondai

Author:houmondai
元、某通販サイト出店者。 
おまけとして、こんな不思議なIT会社が付いてくるとは..!?
できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。
コメントお待ちしています(非公開にもできます)。

*こうしたら、という御意見もお待ちしています。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム