「因果応報」って絶対あると思う。

当社の裁判が結審して何年たっても許せない「あやしいIT会社」、私が相談した
いわゆる「社会派」と言われる弁護士事務所の弁護士は、「そんな評判の悪いIT会社、口コミですぐなくなりますよ!」



と当時なぐさめてもらった。まるで小中学生の子供でもなぐさめる様に、、、。



ところがいまだにその会社は存続している。しかし、ホームページを見ると「やる気のなさ感」「必要最低限の告知」のみに終始しており、「末期的な雰囲気」はぷんぷんしている。



やはり、もうじきやめてしまうのか???



しかし、この手の会社は「会社名」を変えて再出発、ということが往々にしてあるようだから要注意である。



しかし、もうこれからは「再出発」ということもむずかしくなるのではないか?と私は考えている。



この会社の実質的支配者のチェックが非常にきびしくなりそうだ。そう断言してしまう理由は残念ながら申し上げられない。しかし、感のよいブログ読者の方はピンときていることだろう。



不特定多数の善良な中小事業経営者を大混乱に陥れ(裁判をどんどん起こす)、ぬくぬく自分の会社だけ存続させている罪は非常に重い。



このIT会社がどのような方向に向かって行くのか、しっかりと観察させていただくつもりだ。




同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ


スポンサーサイト

【謎の女性】

つい数日前、当社の店舗に以前来店したことがある女性が「○○ありませんか?」と訪れた。


私~「ありません。ごめんなさい」


「そうですか、わかりました」と彼女。


私~「大変申し訳ございません」


彼女はその後すぐにその場を立ち去った。


この彼女、実は店舗の方に2度目の来店なのだが、2~3年ほどの時間経過があるのになぜ私は覚えているのか。


私は、彼女をこの地域(店舗周辺)の住民では絶対ない、というくくりで記憶していた。


目鼻立ちが整い、派手ではない知的な雰囲気、低めの抑揚のない声。一度目はロングヘアーでOL風、今回はセミロングで黒縁のめがねをかけていた。


雰囲気が変わっても、忘れることのない「エピソード記憶」として記憶していたので、すぐに思いだすことができたのである。それに、家族のためだとしても彼女が使うことはまずないだろうという物が彼女の口から出た。


一歩引いてこちらを観察する様な雰囲気、、、いったい何が目的??


勝手な推測~彼女は顧問弁護士の事務所のパラリーガル??(笑) しかしながら、絶対ただものではない。メガネの下の眼光が怖かった、、、。


もしかして、ワンブロック先の私が知らないだけの住民の方なのかもしれない。


しかし、 「人をだましてお金を巻き上げる」 という強烈な行いをすると、いつまでたっても忘れてもらえず、何かにつけて勘ぐられる、ことになる。


「正しく生きよう!」と改めて気を引き締めてしまう私がいる。 (*^_^*)




同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ

【お金を正しい方法で取り返す!】

ここ数日暖かい日が続いたせいか、気持ちの持ち様も少し前向きになっている私がいます。


テレビでは、相変わらず「不動産詐欺」「投資詐欺」などの特殊詐欺が、テレビや新聞をにぎあわせています。


そのせいもあってか、どこに行っても信用してもらうためのチェックがきびしい。 とほほ、、、。


しょうがないですね。みなさんそうなのですから。


なにせ、超高学歴のテレビに頻繁にでるような (はっきり言って「スーパーコンピューターの助成金詐欺」等なのですが) 人が国をだましていたのですから。


やはり、お金がからむようなことは、「法律に違反しないか?、後々問題になるようなことはないか?」 細心の注意を払う必要があります。



詐欺罪(刑法第246条):人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪~


しかし、「いかにも詐欺師」という人でなく、絶対そんなことをしそうもない人が結果「詐欺行為」を行っているので、世の中甘く見ていたのかな?とも思います。


つまり何を言いたいかというと、いつ何時、どんな人からだまされるかわからないので、だまされたと認識するに至った時は、遠慮せずに、お金を取り戻す手立てをすべし、ということです。


私がだまされたお金は、100万円にも満たないお金です。しかし、当社のような超零細事業者にとっては大切なお金です。


たった1万円でも「ひったくり」の場合は、現行犯だと逮捕されてしまいます。


ゆえに、詐欺で違法に支払われたお金は、遠慮せずに取り返す、ということです。


「どうせ返ってこないよ!」と考える方がほとんどかもしれません。


果たしてそうでしょうか??




同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ



裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ

プロフィール

houmondai

Author:houmondai
元、某通販サイト出店者。 
おまけとして、こんな不思議なIT会社が付いてくるとは..!?
できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。
コメントお待ちしています(非公開にもできます)。

*こうしたら、という御意見もお待ちしています。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム