FC2ブログ

世論に訴える際には、細心の注意を!

ここ最近テレビなどで、自分が被害を被った問題でマスコミなどに露出(記者会見など)し、自分の訴えの正当性を主張される方もすごく増えているような気がする。ひと昔前に比べてそうした行動を起こすことに抵抗感がなくなったからだと思うが、そうした活動が成功裏に終わることは稀有である。 (T_T)


もちろん、人の「生命」や「人権」などに関する活動は是非頑張っていただきたいと思う。しかし自身の魂をとことんすり減らすような活動を何年頑張ってもほとんど報われなかったら、とても悲しいことだ。


そんな現実的な問題はさておき、今現在「あってよかったと思える法制度」は、先人の尊い犠牲やご苦労、活動があってのものだ。簡単にでき上がったわけではない。折りに触れ、先人のご苦労に思いを馳せることは絶対必要であると思う。


私もこのあやしいIT会社と数年間裁判が継続し、その時に見えなかったことが、徐々に、まるで霧でも晴れるような感覚で見えてきたことが何度もあった。しかし、ITに関してはほぼ素人。詳しく正義感の強い人が立ち上がってくれるのが一番よいのであるが、強制はできない。私のできることでこの問題にアプローチしていくしかない。


まず基本中の基本「法律」の問題。これは大学などで勉強した「法学概論」などではまるで役にたたない。それに法学部でなかったら+「専門関連諸法」ぐらいのものであろうから、私のように訴えられて自己の弁護士の言いなりになりたくなかったら、地に足のついた、裁判所でも使える手続き法的なものを学ぶ必要があると思う。


実際、六法全書に書かれている味気ない条文では全くピンとこないものがほとんどで、むしろ私はこのあやしいIT会社の被害にあわれた被害者の実例付きのネットでの「投稿」などが、この事件の真相を知るのにとても役に立った。



しかし敵もさるもので、目ざとくこうした役に立つ投稿を削除(おそらく顧問弁護士が依頼)し、うかうかしているとこのあやしいIT会社の実態を知らないままで終わるところであった。 (*`へ´*)



次に、「SEO対策」をしていると「ログイン履歴」だけ残しても、顧客側には全く仕事ぶりが見えてこない。だって「報告書」がないのだから、、、



身内の話で恐縮であるが、最近犬を買い「しつけ教室」に通い始めた人間がいる。生まれて3~4か月の子犬であるから当然何もわからない無垢な状態。一から丁寧にしつけて行く必要がある。当然飼い主も、しつけ教室のスタッフに大事な子犬を託すわけだから、しつけてくれた内容を知りたいに決まっている。「こんな記録もらえるんだよ~」と、この前見せてもらった。



つまり何を言いたいかというと、格段に値段が安い「犬のしつけ教室」でさえ「報告書」があるのに、このあやしいIT会社はいったい何なのだろう?何日にSEO対策をやりました、と一方的に言い張っているだけで、証拠になる「報告書」を全く出してこない。だから、あやしまれるのだ。顧客を一体全体なめてかかっている。



この実情にひどく不快感を感じた私は、当然契約解除を申し出たが、逆に訴えられてしまった。これで商いが成立するのだから


スゴイ!としか言いようがない。


結局、いろいろ相談した他の弁護士も、裁判官もあやしいIT会社とその顧問弁護士の味方であった。私達弱者の立場になんて、小さくなって弱々しい態度で臨んでいたら絶対なってくれない。


しっかりありとあらゆる社会資源を活用し、空元気を出すぐらいでないとどうしようもないのかもしれない。




これから、この会社はいったいどこに向かうのだろうという気がするが、そうはやすやすとはこれからは立ち行かないと思う。





同じ悩みをかかえる会社さん、事業者の方、一般の方、応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

裁判 ブログランキングへ


経営者 ブログランキングへ


ブラック企業 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

houmondai

Author:houmondai
元、某通販サイト出店者。 
おまけとして、こんな不思議なIT会社が付いてくるとは..!?
できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。
コメントお待ちしています(非公開にもできます)。

*こうしたら、という御意見もお待ちしています。

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム